レックスカード評判~REXカードのメリットって何なの?~

使いすぎる人にはデビットカードが向いています

読了までの目安時間:約 2分

 


クレジットカードとデビットカードの大きな違いとして挙げられるのが、決済の方法についてです。

クレジットカードで買い物をすると、その使用額がどんどんと加算されていき、決済日になると自分の口座からまとめてお金が引かれていくという形になります。

 

それに対し、デビットカードの場合は、買い物をした際、即時で自分の口座からその分の額が引かれるという形になります。

要は、決済のタイミングが後日か即時かの違いだけではあるのですが、デビットカードの場合だと、買い物をするタイミングで口座にお金が入っていないと支払いをすることはできませんし、口座に入っている金額以上の買い物をすることもできません。

 

つまり、クレジットカードだと後日支払いだという油断から、ついつい買い物をし過ぎてしまい、最悪の場合だと収入以上の買い物をして借金を負ったりといったこともあるかも知れませんが、デビットカードの場合だと、「支払い限度額=預金額」なので、最悪の場合でも借金をするような状態にまでは行かないため、使いすぎる不安のある方にはデビットカードは非常にオススメだと言えます。

 

また、決済の方法が違うだけで、使用できる場所などは基本的にクレジットカードと同じだと思ってもらって大丈夫です。
例えば、VISAのクレジットカードが使用できる店ならば、VISAのデビットカードも使用が出来るといったような具合です。

 

なので、色々な場面で使用をしたいというような方は、クレジットカードと同じく、VISAやJCBといった大手と連動しているデビットカードを使用すると良いでしょう。

 

クレジットカードの豆知識   

この記事に関連する記事一覧