レックスカード評判~REXカードのメリットって何なの?~

シェル スターレックスカードの魅力を知る

読了までの目安時間:約 2分

 


クレジットカードには、さまざまな種類があるので、よく内容を確認してから作成することが大切です。

年会費の有無、ポイントの付与率など、考える点は多いので、慎重に判断するようにしなければなりません。

 

安易に申し込みをしてしまうと、結果的にあまり得にならない可能性もあるのです。

店舗と提携しているクレジットカードが多くなっています。

 

よく利用する店舗がある場合は、提携のクレジットカードを持っていると、日常の利用で得するチャンスが生まれます。

昭和シェル石油では、シェル スターレックスカードというクレジットカードを発行しています。

 

シェル スターレックスカードのメリットは、クレジットカードの利用金額に応じて、ガソリン代や軽油代を還元してもらえる点です。

昭和シェル石油を頻繁に利用している人にとっては、大きな魅力のあるクレジットカードなのです。

 

利用金額によって、5つのランクに分かれています。

それぞれのランクに応じて、翌6ヶ月間の単価が、レギュラー・軽油で1リットルあたり1円から7円まで、ハイオクで3円から12円、還元されることになります。

 

また、WEB明細サービスを利用することで、1リットルあたり1円の還元を受けることができます。

WEB明細サービスは、ウェブサイトから登録することができます。

 

シェル スターレックスカードは、初年度の年会費が無料となっています。

また、年間に24万円以上の利用をすれば、翌年度の年会費も無料になります。

 

多く利用する人であれば、年会費は基本的にかからないのです。

 

クレジットカードの豆知識   

ジャパンネット銀行VISAデビットカードとクレジットカードの違い

読了までの目安時間:約 2分

 


ジャパンネット銀行VISAデビットカードは、原則として入会審査なしで所有する事が出来るカードです。

 

VISAデビットカードはクレジットカードと同じようにVISAマークのあるお店でのショッピングの際に利用する事が出来ますが、商品の購入代金がその場ですぐに自分のジャパンネット銀行口座から引き落とされるシステムになっています。

 

クレジットカードを使用してショッピングをすると、その代金は後から請求があり決まった支払日になってから他の代金と一緒にまとめて引き落としが掛けられます。

 

このように、ジャパンネット銀行VISAデビットカードは購入時に口座に預金がなければ買い物が出来ませんが、クレジットカードでは口座に預金がなくても品物を手に入れることが出来るという違いがあります。

 

 

また、それだけではなくジャパンネット銀行VISAデビットカードは分割払いやボーナス払いは出来ず、支払い方法は一括のみとなっているのもクレジットカードとの違いと言えるでしょう。
そのため、クレジットカードと全く同じように使用出来るかというと、答えはNoとなります。

 

ただし、利用者の多くなったネットショッピングなどの支払い方法としてもジャパンネット銀行VISAカードは選択する事が出来ますし、元々クレジットカードでは一括払いしかしないという場合には代用として使用することも可能です。

 

また、支払いが確実に可能な中での買い物ですから、借金をしたり返済が不可能に陥る事もなく安心して使用出来るというメリットもあります。
しかし、現金も預金もないけれど買い物をしたいという人にとっては、残念ながらクレジットカードと同じ機能は果たしません。

 

クレジットカードの豆知識   

楽天カードはポイントが美味しいのでポイント集めが好きな人におすすめ

読了までの目安時間:約 2分

 


楽天カードはポイントが美味しいのでポイントを集めるのが好きな人におすすめのカードです。

 

まず年中入会キャンペーンをしています。

時期によって入会キャンペーンでもらえるポイントが違いますが、5000~8000くらいもらえるので金額にすると5000円~8000円をもらえる事と同じです。

 

入会した瞬間からこれだけ得をしちゃうカードです。

 

次に通販サイトの楽天で買い物するときもお得です。

通常の楽天ポイントに加えて楽天カード使用で1%つきますから、楽天で買い物をするときは常に最低でも2%以上のポイントがつくのです。

 

さらにカードの日のような特別な日ならポイントが1~2%上乗せされるのでさらにお得です。

楽天で頻繁に買い物をする事がある人には嬉しいカードです。

 

楽天以外で買い物してもポイントがたまりますし、そのポイントはそのまますぐに楽天で使える事ができるのも嬉しいですね。

 

ただ、問題点もあります。

楽天カードでもらえるポイントが期間限定であることが多いのです。

 

特に最初の入会でもらえる特典ポイントは色々と条件がついていてもらうまで大変です。

またもらってから約2週間程度しか使えない期間限定ポイントだったりするのでうっかりしていると失効してしまうので注意が必要なのです。

 

せっかくもらったポイントを無駄にしないようにポイント失効日だけ注意をしておけば、還元率も良いですし使い勝手もとても良いので凄く役立つカードです。

 

クレジットカードの豆知識   

私が一番お得になるのはレックスカード

読了までの目安時間:約 3分

 


最近までクレジットカードを持つ事に抵抗があった為、現金主義で通してきました。
しかしクレジットカードを使って支払いをするとお得になる事が沢山あるという事を友人から教えてもらい、私も作ってみる事にしたのです。

 

しかしカードの種類によって年間の利用額に応じて還元率が異なったり変化したり、特定のショッピングサイトでしか使えないポイントが還元されたりとその特徴は様々であるため、まずは自分が年間どの程度カードを利用するのかを想定した上で選ぶことにしました。

 

一人暮らしである私は月々の電気代やガス、水道代が平均1万円なので、これをカード支払いに切り替えると年間で約12万円とし、それ以外に洋服代や化粧品代に毎月4~5万円かかっているので、これを合計すると1年で50万円以上カード払いをする計算となります。

 

年間の利用額が50万円以上99万円以下の私の場合、レックスカードがお得になる様です。

 

この利用金額で一番還元率が高いのはリーダーズカードだと紹介されていましたが、それはAmazonを頻繁に利用する方に特化した場合なので、ほとんどAmazonを利用する事のない私にとってはあまり魅力は感じませんでした。

 

レックスカードは初年度年会費無料で、年間50万円以上の利用があれば次年度も無料となり、還元率は1.75%と高くなっています。
おまけに貯まったポイントはJデポに交換すると、カードの利用額から割引になるそうなんですよ。

 

調べたところによると、年間50万円の利用で約9000円弱もお得になるそうですから、現金主義だった自分が物凄く損をしていたという事に気付いてしまいました。

 

早速レックスカードに申し込みをしたので、手元に届くのがとっても楽しみです。

 

クレジットカードの豆知識   

楽天カードは恥ずかしい?

読了までの目安時間:約 3分

 


ここ最近はCMのおかげもあり、かなり認知されている楽天カード。

数年前はクレジットカードってよりも、お店のポイントカード?みたいな印象が強い感じでした。

 

カードのデザイン自体も恥ずかしさは否めないデザインなので、持っていること自体が恥ずかしい気がずっとしていました。

ですので、使用するのは基本的にはネット通販、決済時がメインにしてました。

 

火鍋を食べに行ったとき、財布の中に持ち合わせが少なかったので「ぎゃあ!楽天カードを使うしかないのか!!ついにこの伝家の宝刀?を抜かねば!!」と・・・。

会計で「カードで」と渋々と楽天カードを。

 

店員さんも「見慣れないカードだな」って表情は一瞬しましたが、「VISA」のマークもついてますのでそのまま「お預かりしまーす」「ピッ」と会計はスムーズに。

 

それよりも出した自分が恥ずかしい気持ちでいっぱいに。

後ろにも会計待ちのお客さんがいたので恥ずかしさ倍増です。

 

お店に入る前に財布の中身を確認していれば!」という後悔でいっぱいでした。

 

楽天カード自体はポイントが他よりも優遇されていると感じますし、使用頻度は一番高いカードになっています。(ただしネット限定・・)

 

カードデザインさえ、もうすこしマトモなものになってくれていれば外出時にも躊躇うことなく使用することができるのになぁ・・・・といつも思ってます。

それはこれからも思い続けるでしょう。

 

その反面、冒頭にも書いた最近もCMのおかげなのか麻痺したのかはわかりませんが、躊躇うことなく外出時のカード決済にも使用する近頃です。

あのデザインに対する恥ずかしさはやはり消えないのですけどね・・・・。

 

クレジットカードの豆知識